ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 保証に関する裁判例

保証に関する裁判例

【錯誤】要素の錯誤を肯定②―東京高判H11.12.15

被控訴人は、平成九年五月、訴外会社に対して一〇〇万円の追加融資をするに当たり、大企業に勤務する者の保証が得られ …

【錯誤】要素の錯誤を肯定①ー東京地判S42.6.17

保証人が、主債務が主債務者と債権者との間の与信契約に基づく継続的取引によって将来発生する不確定金額の債務である …

【無権代理人の追認】追認を否定②-東京高判S60.10.28

被控訴人は信用組合。控訴人は、「妻の不始末であるから妻に責任をとらせる」などと述べたことが認められたが、信用組 …

【無権代理人の追認】追認を否定①-東京高判S53.5.9

被控訴人は、代理権のない前記吉村が被控訴人を代理して関与作成した本件公正証書の存在を知りながら、前記債務支払契 …

【無権代理人の追認】追認を認定②-大阪高判S47.8.30

民法第一一三条に定める無権代理行為の追認は、明示の行為のほか、黙示の行為によってもこれを為し得ることは言うまで …

【無権代理人の追認】追認を認定①-東京地判S51.5.28

一 ≪証拠省略≫を総合すると、原告は、金同元との間で、昭和四一年一二月一五日信用組合取引契約を締結し、その後右 …

【金融機関の保証意思確認義務】従前取引があった場合-最判S46.4.20

貸主である信用金庫が、1年2、3ヶ月前に行われた別の取引において同一の保証人に保証意思確認をしていたことをもっ …

【表見代理人と本人との関係】本人と自称代理人間の利益相反関係により代理権の確認義務が認定された判例-最判S41.10.11

本人と自称代理人間の利益相反関係により、代理権の確認義務が認定され、代理権の有無について、本人に確認しなかった …

【実印所持者の表見代理】保証内容の過酷さから表見代理を否定-最判S36.11.21

第1審被告から不在中に事業上必要なときは被告の実印を使用することを一任されていた妻が、権限を越えて親族の経営す …

【保証契約の不成立】印鑑の盗用(否定)ー東京高判S61.2.25

保証人は、主債務者の代表者が、家族を欺いて保証人の実印を持ち出させたうえ、勝手に押印したものとある旨を主張しま …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © KOWA法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.